Home環境への取り組み環境対策 > 廃棄物処理

環境への取り組み

環境対策|廃棄物処理

廃棄物対策

製紙工場から出る廃棄物の大半を占めるのは汚泥で、そのほかに木くず、紙くず、廃プラスチックなどが排出されます。古紙の使用量増加などにより、有機性汚泥の排出量は増えていますが、これら廃棄物のほとんどは焼却処理され、場合によっては工場のエネルギーとして利用しています。残った灰もセメント原料などへ有効利用されます。

紙パルプ産業では、2015年度までに廃棄物最終処分量を35万トンにするという数値目標を設定し、この目標を達成しました。また、2016年度以降の新たな目標として、2020年度までに廃棄物最終処分量を13万トンまで低減するという数値目標を設定し、引き続き廃棄物削減の努力を進めています。

廃棄物最終処分量の実績及び目標
参考:有効利用率推移[有姿]