Home紙のあれこれ紙の歴史 > 日本の近代製紙産業の始まり(1872年)

紙のあれこれ

紙の歴史

日本の近代製紙産業の始まり(1872年)

開国まもない1875年(明治8年)の12月16日に、東京王子の抄紙会社(1873年創立)で操業が開始されました。しかしそれ以前の1872年(明治5年)に、日本で最初の製紙会社である有恒社が創立され、1874年(明治7年)に操業を開始しています。こうして、日本の洋紙産業は文明開化とともにスタートしました。
以降、ヨーロッパで発明された近代的な技術を次々と取り入れ、発展していきました。
また、近代資本主義社会が確立していった明治から大正にかけては、新聞・雑誌・書籍などに使われる紙の需要も拡大。
それにより製紙産業が発展していったのです。